岡山県農業の概要

 岡山県の面積は、約7,114平方キロメートルで、そのうち耕地面積は10分の1ほどの約64,500haです。
 販売農家数は、およそ3万6千戸で、全国で15番目、中国地方では1番となっています。
 農業産出額は、米320億円、鶏卵244億円、ぶどう170億円、生乳111億円など合計1,401億円です。
 新規就農者は毎年110人以上で、認定農業者数も3,030人(延べ人数)となっています。

岡山県農業の全国に占める割合

区 分

単位

岡山県
全国シェア
(%)
全国順位
出 典
総農家数

62,592
2.9
11
2015 世界農林業センサス
耕地面積

ha

64,500
1.5
21
令和元年 耕地面積調査

ha

30,200
2.1
19
平成30年産 農林水産統計、県農産課調べ
ぶどう

ha

1,220
6.9
5
令和元年 農林水産統計、県農産課調べ
もも

ha

662
6.4
6
令和元年 農林水産統計、県農産課調べ
トマト

ha

115
1.0
33
平成30年産 野菜生産出荷統計、県農産課調べ
なす

ha

131

1.5

28

平成30年産 野菜生産出荷統計、県農産課調べ
スイートピー

ha

6
16.6
3
平成28年 県農産課調べ
宮崎県農産園芸課調べ
りんどう

ha

14

3.2

7

平成28年産 花き生産出荷統計、県農産課調べ

乳牛

15,800
1.2
10
畜産統計(平成31年2月1日現在)
肉牛

32,400
1.3
20
畜産統計(平成31年2月1日現在)

40,100
0.4
31
畜産統計(平成31年2月1日現在)
農業産出額

億円

1,401
1.5
23
平成30年 生産農業所得統計

主な研修生受入品目

「晴れの国おかやま」では恵まれた気候と豊かな自然のもと、多様な農産物が栽培されています。新規就農希望者を対象にした新規就農研修では、果樹、野菜、花きといった園芸品目を中心に、研修生を受け入れています。

※下記の品目以外にも、研修生受入品目はあります。


果樹

ぶどう
透き通るようなエメラルドグリーンの豊かな芳香、気品あふれる食味が特徴の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」、「大粒」「種なし」「甘くておいしい」の三拍子がそろった「ピオーネ」の2品種が生産量全国1位で、そのほかにも県オリジナル品種の「オーロラブラック」、全国で人気急上昇中の「シャインマスカット」、秋から冬に出荷される「紫苑」など多様な品種が栽培されています。
もも
果実に袋かけをして大切に生産され、ち密な果肉で糖度の高い果汁がたっぷり。岡山県を代表する夏の果物です。

野菜

トマト
県中北部の標高の高い地域を中心に、太陽をサンサンと浴びておいしく成長した桃太郎トマトです。
千両なす
県南部の美男地域を中心に高度な技術で栽培されており、品質日本一の評価を得ている、岡山ナンバーワン野菜です。
アスパラガス
県中北部を中心に産地化が進み、県内で最近生産が増えています。春から秋まで収穫され、鮮やかなグリーンが特徴です。
きゅうり
サラダや漬物など、年中食卓に欠かせないきゅうりは、県中部を中心に生産されています。
おかやま有機無農薬農産物
有機JAS規格を満たしたうえで、農薬、化学肥料を一切使用しないで生産された、安全・安心なこだわり農産物です。

花き

スイートピー
県南部で栽培され、全国に出荷しています。花言葉は「門出」で、卒業・入学のお祝いに利用されます。
りんどう
清涼感あふれる青色をはじめ、ピンク、白色などの栽培が、県内各地に広がっています。特に育成品種である「おかやま夢りんどう」の普及拡大を進めています。

PAGE TOP