研修、農業体験

農業を始めるには、 栽培技術を習得した上で経営を始めることが成功への近道です。

岡山県では、新たに農業を始めたい方を対象にした「新規就農研修制度」の他、技術習得を支援する様々な研修制度を実施しています。

岡山県の新規就農研修制度

 岡山県では、本格的に農業を始めたい方を対象とした新規就農研修制度を実施しています。
 この研修は、就農を希望する産地で行う2段階の研修で、農家出身でない方もプロ農家になれるよう地域が一体となって支援します。
 研修内容は、1か月間の「農業体験研修」と本格的な就農に向けた最長2年の「農業実務研修」の2段階になっています。

新規就農研修制度の流れ

1 就農希望地の選定

新規就農研修は、就農希望地で研修を行うため、研修応募前に農希望地を選定します。

就農相談や現地見学会を活用して、就農候補地を絞り込みましょう。

2 研修生募集への申込

新規就農研修は例年、6月頃と10月頃の年2回募集します。研修生を募集している産地から希望産地を選んで申込を行います。

申込の要件など
募集対象者:農家出身でない方は年齢55歳未満の方。農家出身の方は就農予定時の年齢が45歳未満の方。

(対象となるかどうかは、就農相談会などで必ずご相談ください。)

募集は受入地域や品目ごとに定員があり、面接による選考を行います。
 (募集産地や産地ごとの募集人数は、毎回異なります。)

3 農業体験研修の実施

農業や農村生活等への適性を確認することを目的に、就農を希望する研修受け入れ地域の先進農家等で1か月程度の農作業や農家生活等を体験するための研修です。

研修の内容
農作業の体験、地域の農業者との交流、農家・農村生活の体験、地域の農業概要の把握など

4 就農希望地での研修準備

農業体験研修後に、研修生と産地とのマッチングができた場合(研修生が研修地域で就農を希望し、産地も研修生を産地の担い手として育成していくことを了解した場合)、農業実務研修に進む準備を行います。

農業実務研修に進むためには、研修地域での具体的な営農計画(就農計画)を立てることが必要です。就農計画が認定され、研修先から農業実務研修生と認められれば、農業実務研修に進むことができます。

5 農業実務研修の実施

独立・自営就農するために、就農予定地域の先進農家等で、技術の習得や住宅の確保、地域の絆づくり等を行う実践的な研修です。
 研修修了後に新規就農者として農業経営を始めることとなります。

研修期間:2年以内
研修内容:(1)基礎研修(農業普及指導センター、農業大学校、農業士等における研修)
     (2)応用研修(ほ場及び施設での実地研修、先進農家への派遣研修、営農基盤づくり研修)
     (3)その他の研修(市町村、農業協同組合、農業公社等の事業主体における研修)

※農業実務研修中は、年額150万円程度の研修費を支給します。
※研修費を農業次世代人材投資資金(準備型)で受給した場合は、研修後就農できないと研修費を全額返還していただくこととなります。



三徳園(県立青少年農林文化センター)について

 岡山県立青少年農林文化センター「三徳園」は、農山村の伝統と文化的遺産の展示施設として、また農業者や青少年の研修と交流の場として親しまれてきました。

 平成29年度に、岡山県の新たな担い手を育成する拠点施設として大幅なリニューアルを実施し、経営相談窓口を開設するとともに、研修ホールを備えた研修交流館や専門の指導員から直接農業技術指導を受けることができる研修ほ場を整備しました。

 県内農業者の方だけでなく新規就農希望者、就農に向けた研修生など幅広い方を対象とした研修会やセミナー、相談会等を随時開催しています。


 三徳園で実施している研修やセミナーについては、こちらをご覧ください。

三徳園 研修交流館

短期農業体験

 就農に向けた1日単位で参加できる短期農業体験を県下各地で実施しています。

 就農に向けた本格的な研修を申し込む前に、農作業体験がしたい、研修生受入産地の状況や生活環境を知りたいと考えている方は、ぜひお申し込みください。

実施地域

赤磐市
  • 品目:ぶどう
  • 参加費:無料(交通費、食費等は参加者負担)
  • 応募条件:ぶどうでの就農を希望している42歳未満の方
  • 申込先:赤磐市農林課(tel:086-955-6174)
井原市
  • 品目:ぶどう
  • 参加費:無料(交通費、食費等は参加者負担)
  • 応募条件:井原市でぶどうでの就農を目指す方
  • 申込先:JA岡山西 西部アグリセンター(tel:0866-62-1488)
矢掛町
  • 品目:アスパラガス
  • 参加費:無料(交通費、食費は参加者負担)
  • 応募条件:矢掛町にて本格的に就農を志す方
  • 申込先:倉敷かさや農業協同組合(tel:0866-83-0444)
新見市
  • 品目:ぶどう、トマト、りんどう
  • 参加費:無料(交通費、食費、宿泊費等は参加者負担)
  • 応募条件:トマト、ピオーネ、りんどう栽培に興味のある方。将来的に新見市に定住し、農業経営を開始する意欲のある方
  • 申込先:新見市農林課(tel:086-72-6133)
久米南町
  • 品目:ぶどう
  • 参加費:無料(交通費、食費等は参加者負担)
  • 応募条件:55歳未満で久米南町に定住し、将来ぶどう農家を目指す方。
  • 申込先:JAつやま久米南支店(tel:0867-28-3132)
美作市
  • 品目:もも
  • 参加費:無料(交通費、食費等は参加者負担)
  • 応募条件:55歳未満で美作市でのももの就農を考えている方
  • 申込先:JA勝英営農生活センター(tel:0868-38-3134)又は美作市経済部農業振興課(tel:0868-72-6694)
勝央町
  • 品目:もも、ぶどう
  • 参加費:無料(交通費、食費等は参加者負担)
  • 応募条件:55歳未満で、もも又はぶどうの栽培に興味関心がある方。勝央町に住んで、農業を始めたい方
  • 申込先:JA勝英営農生活センター(tel:086-38-3134)又は勝央町産業建設部(0868-38-3112)

その他の研修制度

新たに農業を始める方はもちろん、農家出身の方でも、Uターンや定年後に新しい品目の栽培を試みる場合は、基礎的な技術や知識を習得した上で、栽培を始めた方が早く上達するでしょう。
 Uターンや定年帰農者向けの研修としては、農業大学校での「社会人就農研修」や県下各地における「地域帰農塾」などがあります。
社会人就農研修
研修場所:農業大学校、三徳園
内容:講義、実技を中心に週1回程度の就農を目的とした技術研修。果樹コースと野菜コースがある。
期間:45日程度
募集:2月頃
新規就農者研修
研修場所:三徳園
内容:座学による農業全般の基礎知識の習得
期間:年間20日程度
募集:4月頃
地域帰農塾
研修場所:県内各地
内容:地域の実情に応じた栽培技術等の実践的な研修
募集:4月頃(地域により異なる)
ホリデイ就農ゼミ
研修場所:三徳園
内容:農作業の体験、基礎知識の習得
期間:年間8日程度
募集:4月頃

PAGE TOP